そんな日もあるさ

冬はキムチの季節

昨日キムチを漬けました。
白菜を買ってきて、塩漬けして、大根や、万能ねぎを買ってきて細かく刻んで準備しました。
その準備した大根と万能ねぎに、おろしにんにく、唐辛子、昆布の塩漬け、
すりおろしのの梨を入れて混ぜ合わせました。
塩漬けした白菜の水切りをして、混ぜ合わせた薬味を白菜の間にすり込みながら、
密封容器に入れて常温に置きました。

 

漬けて一日たったので、うまく醗酵している事を今日お昼に確認しました。
今日から食べられるし、冷蔵庫に2,3日置いたら美味しくキムチが出来上がります。
一ヶ月ぐらい酸っぱくなっても美味しく食べられます。

 

つけたてのキムチは、生牡蠣や、奴豆腐、チャーシューなどと一緒に食べると美味しいです。
漬けたてならではの美味しさは、ちょっとくさいけど最高なんです。
少し冷蔵庫で醗酵が進んだら、酸っぱくなります。
チャーハンに酸っぱいキムチの細切れを入れると、油っぽいチャーハンが締まります。
酸っぱくなったキムチは、脂と相性良いので、脂身の多い豚とキムチを炒めて、
少し酒みりんなどの甘みを足したらご飯どろぼうになります。
キムチを漬ける時は、白菜を2個ぐらいつけて、お友達にもおすそ分けします。
キムチってくさいけど美味しいですね。
キムチを醗酵させて乳酸菌いっぱいで美味しくいただきまーす。


更新履歴